<< 抗がん剤新薬開発にスパコン解析 | top | 新型がん治療装置は線量3倍以上 >>

膵臓がん,大腸がん の早期発見法を3年以内に実用化

わずか1滴の血液から膵臓がん を見つける新しい診断法が開発された。3年後の 2016年までの実用化が予定されている。

治療の困難な膵臓がんでも、早期ならば治療できる可能性が高い。しかし、自覚症状に乏しいため、早期発見が難しいジレンマがあった。 新しいがん診断法はすい臓がんだけでなく、大腸がんに対しても確立されており、血液1滴で複数のがんが早期診断できる見通しだ。

開発したのは神戸大と島津製作所。

研究チームでは、「キシリトール」など4種類の物質を膵臓がんの指標として評価することで、がん患者と健康な人に区別する明確な診断が可能となった。

従来の技術であるタンパク質を評価する手法では、 早期がんの4〜5割程度しか発見できなかったが、新しい手法として4種類の物質を総合評価すると8割程度のがん発見率へ改善された。

検査に要するのは、「指先の血液1滴」で、検査費用の目安は現行の血液検査費用と同等の1500円を見込んでいる。

血液1滴の安価な検査で、主要ながんを一気に検査、早期発見できる検査法の確立は近い。そうなるとすい臓がんだけでなく、多くの癌の生存率は飛躍的に向上するだろう。



gan-naotta1 | - | 12:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
CM
MOBILE
qrcode
OTHERS
AD
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH